• 総務部関係

この「本部ニュース」は、総務部が担当し、適時・適切会員の皆様に提供します。

 


 

(資料 1)
                                             令和4年7月22日
支部長、役員、理事 各位                 ・・・・・・・・
記念式典関係者   各位

 


               

                      令和4年度
 第3回創立70周年記念事業実行委員会、並びに第1回支部長会 開催の延期について (通知)
                    
                                     東京都退職校長会会長 多田丈夫 
 来る、7月27日(水)都立多摩図書館で予定していた「第3回創立70周年記念事業実行委員会」並びに「令和4年度第1回支部長会」の二つの会議は、新型コロナウィルス感染症第7波の爆発的流行に鑑み、会員の安全第一を優先し、当分の間、延期いたします。今後の開催については、正副会長会の議を経て、改めて会員の皆様に周知致します。
 つきましては、7月22日付で、別添の「第四次緊急連絡」を発出すると共に、湯島の事務所での諸会合は、2020年4月6日付のハガキにより発した〈事務室「完全閉鎖」についての通知〉により、自粛するよう、関係各位に強く要請いたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・          

「参考資料」

各支部長 殿                                       令和2年4月6日

                                      東京都退職校長会会長 多田丈夫
  
 
事務室の「完全閉鎖」について(通知)

 今や新型コロナ・ウイルスの流行拡大は、危機的状況となり〈自分は例外〉〈自分たちは例外〉といった判断は許せない非常事態です。さらに、身の危険を感じ乍ら、これ以上事務室での執務を続けることは困難との判断に至り、4/5付で事務室を「完全閉鎖」といたしました。何とぞご理解の上、評議員並びに支部役員の皆様への周知をお願いたします。 
以下に完全閉鎖に伴う連絡事項を列記しました。
                     
                         記


① 湯島の〈事務室〉は、4/5付で「完全閉鎖」いたしました。当分の間、何人も入室は出来ません。
② 閉鎖後の事務室は、「事務局長宅」とし、不測の事態が発生した場合は、会長が代行します。
③ 鍵は会長、事務局長以外は、保持していません。
④ 印刷機、パソコン、電話等は、使用できません。
⑤ 「閉鎖解除」については、三者会にご一任ください。


(資料 2)
                                            令和4年7月22日

支部長、役員、理事 各位                
記念式典関係者   各位

                      「第四次緊急連絡」
      新型コロナウィルス感染症の爆発的拡大に伴う業務の自粛延期について

                                    東京都退職校長会会長 多田 丈夫

 新型コロナウィルス感染症の日本での流行拡大は、すでに3年を経過したにもかかわらず、未だ、収束の目途が立たず、予断を許さない状況にあります。7月14日には、5ヶ月振りに国内感染者が9万人を超える事態となり、再び爆発的感染拡大が懸念されています。
要因は、感染力の強いオミクロン株の派生型〈BA・5〉によるとされ、依然として強い警戒感が必要です。国は、ワクチン接種を急いでいますが、現時点での第四回接種状況は306万人と遅れています。我々自身も行動のゆるみと油断を反省しつつ、従来通り、高齢者ほど外出を控え、手洗いやマスクの励行等、さらなる自己防衛の徹底が強く求められています。ここで改めて、長引くコロナとの戦いにどう対処するか真剣に考えたいと存じます。
東京都退職校長会としては、〈BA・5〉の国内感染の爆発的拡大の危険性が極めて高いと判断し、会員の安全第一を考慮の上、以下の「第四次緊急連絡」を発出いたします。
役員、支部長、理事、式典関係委員長各位におかれましては、下記の6項目を理解の上、正しく遵守するよう関係者にメール等で遺漏のないよう周知をお願いします。

                        記

1, これまで事務所で予定していたすべての対面による会議等は、会員の安全第一を優先し、7月22日より、当分の間、自粛する。また、7月27日(水)に予定した都立多摩図書館での二つの会議は、新型コロナ感染症第7波の爆発的拡大に鑑み、延期する。
2, 予てより実施してきた湯島の事務室でのすべての会議等は、引き続き自粛延期すると共に、各支部におかれましても諸会合、諸活動の自粛の徹底をお願いします。
3, ZOOM環境の整った会議については、本部からの指示を待ち、支障のない限り、在宅にて実施する。(在宅業務) また、業務の停滞を防ぐために、本部と支部が連携して、メール等の方法を駆使して、諸事案の周知に努める。
4, 各部の業務報告は、その都度、メールにて会長、桐谷副会長、岩谷事務局長の三者宛に同時発信により、報告願いたい。
5, 今後の不測の事態に備え、予定している諸行事及び会議は、会則第17条を適用し、会
  長の総合的な判断により、延期または中止する場合があるので、予め承知されたい。
6, 緊急やむを得ない相談又は問い合せは、会長または事務局長の携帯に連絡されたい。
●会長 090-1705-2519    ●事務局長 090-1213-8991




                                             令和4年3月8日


第3回支部長会挨拶


支部長 各位

               東京都退職校長会会長 多田 丈夫


 皆さん、こんにちは、第3回支部長会にご参集していただき誠に有難うございます。一堂に会するのは、10/27以来でございます。
 さて、時代は大きな転換点に立っていると考えます。2/24の2時20分頃でしたテレビの画面に「ロシアがウクライナに侵攻」というテロップが突然流れました。北京オリンピックで若者の勇気ある戦いに興奮し、余韻に浸っている最中で目を疑いました。ロシアのリーダーの取り返しのつかない蛮行に、世界は震撼させられ、只今狼狽しております。難民が150万人とも言われる、許されないこの大義なき侵攻に対し、全世界の為政者の平和への取り組みと力量が問われています。まさかという現実に目を背けるわけにはいきませんが、一時、我々にとって大切な支部長会というこの貴重な時間を共有していただきたく存じます。また、2年以上経過したコロナ感染症との戦いは、まだまだ長期戦です。ゼロ・コロナに向かって自己防衛をしていただきたいと存じます。
 さて、私から、いくつか会務報告をさせていただきご挨拶といたします。

1, 積極的な支部間交流の実現をお願いしたい。-会則改正に伴い、会員の呼称が明確化されました。今後の期待は、支部間交流の積極的な展開です。このことは、ドラティツクには、できませんが少しずつ実現していってほしいと考えています。

2, 創立70周年記念式典計画の準備-本日午前に式典に関する準備会を発足させました。具体的には、記念式典準備委員会、記念誌作成委員会、記念事業特別委員会の三つの委員会を設置し、桐谷式典運営委員長を中心に具体化してまいります。組織の全体構想・式典の基本計画は、お手元の資料をご覧ください。

3, 5年に一度発行する「A4厚型会員名簿」の作成-本日、総務部より企画案が提示されます。個人情報の保護に十分配慮しながら、発行の限定化、有料化、節減化、デジタル化に向けた画期的な取り組みに着手します。また、型番をA4型に刷新する予定です。一層のご理解をいただきたいと存じます。

4, 支部組織とのZOOMによるホットラインづくり-正副会長会、運営委員会、三者会は、すでに、ZOOM設定により会議をしております。今後は、5ブロック長とのネットワーク化を急ぎます。

5, HPの積極的な活用を-本部に情報推進部を新設し、HPの刷新と充実に努めています。月に一回はHPを開封していただき、HP運営規則を順守の上、情報推進部と相談されて、支部情報の提供など、HPの積極的な活用をお願いします。

6, 会員の増強への取り組みに拍車を-会員増強には、予てからP・Tを中心に本部と支部と一体となって展開します。諦めないで「未加入者への取り組み」に力を注いでいただきたいと思います。このような困難な中でも一人一人のご意見を尊重し、慎重な判断の元、引き続きワンチームで会務運営していきたいと考えております。今後とも共に手を携え存在感ある運営をしていきたいと存じます。資料紹介。私からは以上です。