東京都退職校長会の概要

本会の概要
東京都退職校長会綱領

 われらは 東京都退職校長会の歴史と伝統を継承し 新しい時代を見据えた東京の教育に期待すると共に 会員の英知と信念のもと 組織のさらなる発展を誓い、ここに綱領を制定する

  1. 一 われらは 国際都市東京の教育の振興に寄与する
  2. 一 われらは 会員の親睦を深め 互助の充実に努める
  3. 一 われらは 会員の生涯学習を推進し 生き甲斐づくりに貢献する
  4. 一 われらは 会員の居住する地域の教育・文化の向上に尽力する
  5. 一 われらは 全国連合退職校長会並びに関係諸団体と連携し 本会の発展を図る

平成25年5月30日(創立60周年)制定

本部役員

仕事のコンセプト-明るく、元気で、楽しく

  • 透明性のあるチーム運営 (仕事の抱え込みの排除)
  • 本部と支部との一体化 (支部あっての本部)
  • 連絡・報告・相談の徹底 (スピィデーな情報共有)
  • 所属部員への適切な助言 (チーム力の確保)

役員

会長 多田 丈夫 (高) 統括 会務掌理、HP運営、
副会長 宇津木順一 (中) 総務部相談役 会務運営、運営調整、
副会長 桑原 利夫 (小) 企画調整部相談役 事業調整、受託事業、
副会長 苗村 崇伶 (小) 会報部相談役 広報活動、会報発行
副会長 中岡 啓子 (小) 福利厚生部相談役 会員慶弔、名簿管理
副会長 小久保正己 (高) 会計部相談役 資産管理、予算執行
副会長 藤崎 武利 (中) 生涯学習部相談役 研修運営、会員増強、

事務局

事務局長 三辻 陽夫 (中) 事務局運営 渉外全般、財務調整

幹事

大南 英明 (特) 今井 重夫 (中) 藤井 千恵子 (小)

(H29,5,10発足)

沿革(抜粋)
昭和7年
(1932年)
公立小学校の退職校長有志が親睦団体「千代田会」を結成したが、戦禍のため会の活動が中断された。
昭和28年
(1953年)
有志20数名が集い、戦時で中断していた千代田会の活動を再興した。
事務所は三楽病院内に置いた。
昭和34年
(1959年)
2月に臨時総会が開かれ、会則を制定し、「会の親睦、互助慶事、教育振興のための活動」を目的とした。
昭和37年
(1962年)
事務所を東京都教育信用組合内に移転したs。
創立10周年を契機に全国組織の結成を決議した。
昭和42年
(1967年)
昭和40年6月全国連合退職校長会の発足に伴い、本会の名称も「東京都退職校長会」と改称した。
昭和49年
(1974年)
本会の活動にクラブ活動を開設した。
昭和51年 
(1976年)
(株)東京都民互助会に団体加入し、契約をした。
平成10年 
(1998年)
事務所を、現在地に移転した。
平成11年 
(1999年)
会の目的に「生涯学習の充実」が加えられ、「会員の親睦と互助を深め、生涯学習の充実を図り、併せて東京都の教育に寄与する」と改められた。
平成14年
(2002年)
「東京都教育の日」制定の請願を都議会に働きかけ、採択実施される。
平成15年
(2003年)
創立50周年記念事業を挙行。
平成18年
(2006年)
会の目的の「教育に寄与する」を「教育を支援する」と文言を改め、より積極的に教育支援活動を進めることとした。ホームページの開設と公開が開始された。
平成19年
(2007年)
教育支援活動委員会の設置と「教育支援活動リーフレット」を作成した。
現職教員対象の研修会を港区高輪台小で全連退と共催で実施した。
平成20年
(2008年)
現職教員対象の研修会を板橋区大谷口小で実施した。
「教育力アップを目指す学校支援の課題と対策」(文教協会の研究助成報告書112ページ)を発刊した。
平成21年
(2009年)
現職教員対象の研修会を国分寺市立第4小で実施した。
「学校が主体的に対応する教育支援活動のあり方」(文教協会の研究助成報告書141ページ)を発刊。
東京都教育庁の事業「退職教職員ボランティア活用事業」の運営に参画する。
平成22年
(2010年)
現職教員対象の研修会を江東区立明治小で実施。
研究冊子「先輩からのメッセージ 教員として歩み始めた先生へ」(退職教職員ボランティア活用事業事務局の発刊)に尽力する。
平成23年
(2011年)
東京都教育庁から「平成23年度教育庁人材バンク事業運営に伴う学校情報収集及び管理業務」が委託された。アドバイザー委員会を設置し外部人材活用状況に関する調査報告書を作成。
退職教職員等活動紹介(96ページ)を発行。
現職教員対象の研修会を大田区立田園調布小で実施した。
研究冊子「先輩からのメッセージ 言語活動の充実について」を発刊した。
東京都教職員互助会で実施する「退職教職員等ボランティア事業」への協力。
平成24年
(2012年)
東京都教育庁から継続して事業が委託された。アドバイザー委員を29名に増員した。
墨田区教育委員会で実施した現職教員の2年次研修会に協力した。
平成25年
(2013年)
東京都退職校長会 創立60周年記念式典挙行した。
60周年記念事業として、会の「綱領」と「会歌・会章」を定めた。
都委託事業:「東京都公立学校教員採用候補者実践的指導力養成講座」の開講に協力し、事業を受託した。
教育庁幹部職員との教育懇談会の開催をした。
平成26年
(2014年)
都委託事業:「東京都公立学校教員採用候補者実践的指導力養成講座」の開講に協力し、事業を受託した。
教育庁幹部職員との教育懇談会の開催。
平成27年
(2015年)
本部役員の改選で、新執行部が誕生した。(前述:本部役員参照)
新しく「ホームページ運用規定」とHP全面刷新をした。
業務改善・基金検討委員会が発足した。
教育庁幹部職員との懇談会の開催。
都委託事業「平成27年度教育庁人材バンク事業運営に伴う相談・普及広報等業務」の継続
都委託事業「平成27年度採用前実践的指導力養成講座実施事業」の継続
平成28年
(2016年)
関東甲信越地区退職校長会連絡協議会 東京大会準備会の発足(第45回群馬大会に視察団派遣)
第一回「教育フォーラム・東京 2016」開催。テーマ:-これからの若い教師に期待すること-
業務改善・基金検討委員会から「答申」を受理、本部に〈作業部会〉発足
教育庁幹部職員との懇談会の開催。
都委託事業「平成28年度教育庁人材バンク事業運営に伴う相談・普及広報等業務」の継続
都委託事業「平成28年度採用前実践的指導力養成講座実施事業」の継続
平成29年
(2017年)
本部役員改選 新執行部誕生、新たに「企画調整部」新設。
第二回「教育フォーラム・東京 2017」開催。テーマ:-「答申」から東京都退職校長会の将来像を考える-
関ブロ東京大会実行委員会の発足(第46回新潟大会に視察団派遣)
「会則改正に関するアンケート調査」を43支部対象に実施
教育庁幹部職員との懇談会の開催。
都委託事業「平成29年度教育庁人材バンク事業運営に伴う相談・普及広報等業務」の継続
都委託事業「平成29年度採用前実践的指導力養成講座実施事業」の継続
平成30年
(2018年)
第三回「教育フォーラム・東京 2018」開催、-新学習指導要領と東京都の取り組みについて-
第65回定期総会、会員研修会、懇親会開催-新しい会則の承認(全面改正) 30,5,14
都委託事業「採用前実践的指導力養成講座」の5年間の事業終了通告 30,9,5
会員増強促進プロジェクトチームの発足 30,9,20 -3部会、11人の委員委嘱
第47回関東甲信越地区退職校長会東京大会開催 会場、東京ガーデンパレス、30,10,18~19
歴代会長 ① 宮内与三郎(昭28~)② 山口友吉(昭42~)③ 高田卓郎(昭48~)
④ 近藤修博(昭60~) ⑤ 戸叶直二(昭63~)⑥ 矢口武夫(平10~)
⑦ 大高正夫(平11~)⑧ 宇田川敏夫(平15~)⑨ 齋藤昭次(平19~)
⑩ 太田 秀(平21~) ⑪ 片岡敦子(平23~)
本会の事業年度

☆30年度 本部役員・各委員会幹部一覧

会長 多田丈夫
副会長 宇津木順一、苗村崇伶、中岡啓子、小久保正己、藤崎武利、桑原利夫
部長 総務部 林 和明、会報部 梅津敏郎、福利厚生部 守屋龍男、
会計部 小久保正己(兼務),  生涯学習部 齋藤徳藏、企画調整部 伊地敦子、
クラブ委員長(7名) 〈絵画〉東條康永 〈写真〉甲野 恵美 〈囲碁〉佐々木和廣
〈ソフトテニス〉吉田一夫 〈園芸〉天野正忠 〈釣り〉藤本美男
〈短歌〉岩井 昭
人材バンク特別委員会(9名) 多田丈夫、桑原利夫、林 忠義、藤井誠一、和田 弘
阿久津州美男、伊地和子、苗村崇伶、三辻陽夫、
会員増強促進
プロジェクトチーム(11名)
◯印 校種別責任者
☆チーム責任者 多田丈夫
・小学校関係- ◯桐谷澄男、桑原利夫、寺崎千秋、
・中学校関係- ◯今井重夫、前田 烈、壺内 明、
・高等学校関係-◯佐治恒孝、 天沼照夫、
・本部事務局- ◯宇津木順(副会長)、林 和明(総務部長)

会員の条件(会則 第二章 会員 第5条)

  1. 本会は東京都公立の幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・高等専門学校・特別支援学校の園長・校長の職にあった者が会員となる。
  2. 会員は東京都退職校長会に加入し、居住地域の支部に所属する。但し、支部未組織の地域の会員は本部に直属する。

支部及び会員数

平成30年度の会員数は.42支部 3.030名、地方会員41名 計3,071名 (8月8日現在)

平成30年度 支部・地区別会員数の内訳 29.8.8現在

No 支部名 会員数
1・2 千代田・中央 9
3 6
4 新宿 40
5 文京 33
6 台東 21
7 墨田 19
8 江東 48
9 品川 33
10 目黒 46
11 大田 91
12 世田谷 129
13 渋谷 19
14 中野 28
15 杉並 95
16 豊島 30
17 49
18 荒川 20
19 板橋 96
20 練馬 139
21 足立 66
22 葛飾 77
23 江戸川 67
No 支部名 会員数
24 八王子 167
25 町田 99
26 日南 128
27 武蔵野・三鷹 56
28 北多摩・北 135
29 北多摩・中 106
30 府中 57
31 調布 26
32 狛江 35
33 北多摩・西 97
34 西多摩 215
35 大島 14
36 三宅島 9
37 千葉南部 44
38 千葉中部 76
39 千葉西部 95
40 千葉北部 67
41 埼玉県 219
42 神奈川県 233
43 地方 41
16 (豊島) 21
【会員数総計】 3,071
報告-1,「平成30年度 教育フォーラ企画書」

各位

平成30年5月吉日

東京都退職校長会
会長 多田 丈夫

東京都退職校長会 主催
「第3回 教育フォーラム東京・2018」のご案内
◯ テーマ: 〜将来を担う東京の子供たちをどう育むか〜
新学習指導要領の本格実施に向けて考える

新緑のまぶしい季節となりました。関係各位におかれましては、ご健勝でお過ごしのことと拝察申し上げます。

さて、今般の新学習指導要領の改定には、東京都退職校長会としても関心度の高いものがございます。そこで、今年度は東京都教育庁及び各校種でご活躍されている幹部の先生方をお招きし、-将来を担う東京の子供たちをどう育むか-をテーマに基調講演とパネルディスカッションによる「第3回 教育フォーラム東京・2018」を下記の要領で開催する運びとなりました。

つきましては、各支部長をはじめ、会員の方々が多数参加を予定しておりますので、よろしくご指導のほどお願い申し上げます。

◯ 日時: 平成30年5月29日(火) pm13:30~15:45、受付: pm12:30

◯ 会場: 東京ガーデンパレス -東京文京区湯島1-7-5、(電話03-3813-6211)
     (JR御茶ノ水駅 聖橋口下車、徒歩5分、地下鉄丸の内線御茶ノ水駅徒歩3分)

◯ 定員: 150名 (各支部会員3名以上の出席を依頼する)

◯ 参加費: 無料

◯ 次第(予定者)

  • 1, 挨拶と講師紹介 東京都退職校長会会長  多田 丈夫
  • 2, 基調講演: 演題「新学習指導要領と東京都の取り組みについて」
          -講師: 東京都教育庁教育監    増渕 達夫 先生
  • 3, パネルディスカッション・・◯総合司会: 東京都退職校長会副会長 宇津木順一
    ①コーディネーター・・・・・・・・・・・東京都退職校長会副会長 桑原 利夫
    ②パネラー
     東京都国公立幼稚園・こども園長会会長   桶田 ゆかり先生
     東京都公立小学校長会会長         種村 明頼 先生
     東京都中学校校長会副会長         酒井  泰 先生
     全国高等学校長協会事務局長        上村  肇 先生
     東京都特別支援学校長会会長        朝日 滋也 先生
    ③講評
     東京都教育庁指導部指導企画課長      石田  周 先生

◯ 運営: 教育フォーラム実行委員会(14名)
・桑原利夫、伊地敦子、藤井誠一、 高橋利夫、河合美津江、湯地和夫、落合 勇、
 藤崎武利、苗村崇伶、小久保正己、中岡啓子、梅津通郎、 三辻陽夫、澤海富保、

報告-2,「第47回関東甲信越地区退職校長会東京大会 要項」

大会次第及び日程

【第一日】  10月18日(木)

受付 13:00~13:50 「東京ガーデンパレス」 3階ロビー

1 開会式   14:00~14:30

会場 〈東京ガーデンパレス〉 3階 「平安の間」
進行 大会実行委員 宇津木順一

 
(1)開会のことば 関東甲信越地区退職校長会連絡協議会副会長 齋藤 隆士 様
神奈川県連合退職校長会会長
(2)主催者・開催県あいさつ 関東甲信越地区退職校長会連絡協議会会長 多田 丈夫
東京都退職校長会会長

〈歓迎の挨拶〉

皆さん、今日は。秋も深まり、凌ぎやすい季節となりました。東京都退職校長会会長の多田でございます。主催者を代表いたしまして一言ご挨拶を申し上げます。

本日、ここに第47回関東甲信越地区退職校長会連絡協議会東京大会を開催しましたところ、お忙しい中、東京都教育委員会教育長 中井敬三様、東京都文京区区長 成澤廣修様、全国連合退職校長会会長 入子祐三様をはじめ、多くのご来賓の方々にご出席いただき誠に光栄に存じております。御来賓の皆様には平素から本会の諸事業にお力添えをいただき、心から感謝申しあげます。

さて、この日を迎えるに当たり、2年前から各開催県を視察させていただき、〈東京らしいおもてなし〉を目標に「会員が主役、手作りの大会」を合言葉に心を一つにして準備を進めてまいりました。大会を通じてお気づきになる点が多々あろうかと存じます。この間、各県からのご支援、ご協力に心から感謝申し上げます。二日間を通して、連絡協議会の目的である一都9県の退職校長会の活動の充実とさらなる発展に資する東京大会となれば開催地としてこの上ない喜びであります。

東京大会初日の研究協議会のテーマは、「絆を深め、伸びゆく退職校長会を目指して-生き甲斐づくりに貢献する事業の在り方―」にいたしました。これを基に〈本部と支部組織との一体化〉と〈関係諸団体との連携〉の2つの視点から各県の現状を披露していただき、「伸びゆく退職校長会の将来像」について研究協議を深めていただければ幸いであります。明日の2日目は、基調講演を企画いたしました。前.東京都教育庁教育監、現、東京女子体育大学教授 出張吉訓先生をお迎えいたします。先生には、豊富な行政経験を踏まえながら、東京五輪を目前にした東京の教育行政の取り組みの今を大所高所から語っていただきます。ご期待いただきたいと存じます。

おわりに、この東京大会では、初の試みとして動画による大会記録を残す共に、小冊子、東京の風景等、随所に「会員が主役、手作りの大会」の確かな足跡をご紹介することといたしました。行き届かない点も多々ございますが、ご参会の皆様が平成の最後を飾るこの東京大会を通じて豊かな時を感受しつつ、お一人お一人にとりまして心に残る実り多い大会となっていただければ幸甚であります。今後とも皆様の一層のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げ、「開会のことば」といたします。有難うございました。(平成30年10月18日)

(3)来賓あいさつ 東京都教育委員会教育長 中井 敬三 様
東京都文京区長成澤 廣修 様
全国連合退職校長会会長入子 祐三 様
東京都中学校長会長小澤 雅人 様
(4)来賓紹介 大会実行委員副委員長宇津木 順一

2 研究協議 14:40~17:20 3階 「白鳳の間」

全体進行 大会実行委員 宇津木順一

協議題: 「絆を深め,伸びゆく退職校長会を目指して」
    -生き甲斐づくりに貢献する事業の在り方-

(1)司会者あいさつ 大会実行委員桑原 利夫
(2)協議題説明 桑原 利夫
(3)各都県発表
(各都県発表時間 6~7分)
神奈川県連合退職校長会大久保 重則 様
山梨県退職校長会須田 清 様
栃木県連合退職校長会木村 茂夫 様
長野県退職校長会金井 健 様
埼玉県退職校長会足助 啓子 様
千葉県退職校長会副会長川村 絹慧 様
茨城県退職校長会副会長梅田 征夫 様
群馬県退職校長会駒倉 秀一 様
新潟県公立学校退職校長会副会長保科 博昭 様
東京都退職校長会桑原 利夫
(4)協議 司会 大会実行委員桑原 利夫
(5)まとめ 全国連合退職校長会会長入子 祐三 様
(6)閉会のことば 大会副実行委員長宇津木 順一
(7)諸連絡 東京都退職校長会事務局長三辻 陽夫

《  移動 ・ 休憩  》

【写真撮影】  17:30~17:50 会場:3階「鶴の間」 全員撮影

【東京案内】  17:50~18:10  同、会場

3 懇親会   18:45~20:45 (アトラクション 19:00~20:40)

会場 「東京ガーデンパレス」 2階 「高千穂の間」
進行 大会実行委員  添田 禮子、守屋 龍男

 
(1)開会のことば 大会実行委員中岡 啓子
(2)歓迎のことば 大会実行委員長多田 丈夫
(3)来賓あいさつ 全国連合退職校長会会長入子 祐三 様
(4)乾杯 全国連合退職校長会事務局長徳永 裕人 様
アトラクション:東京のおもてなし(歓迎の歌-会歌斉唱、独唱、詩吟、全員合唱、木遣り)
(5)会食懇談 東京の地酒 銘酒10蔵特設コーナー
(6)全員合唱「ふるさと」 指揮 大会協力委員宮下 洋
(7)閉会のことば 大会実行委員藤崎 武利

【第二日】   10月19日(金)

受付 9:30 ~ 9:50 司会 大会実行委員 宇津木 順一

1 基調講演    10:00 ~11:30    3階 「平安の間」、講師控室「橘」

(講師紹介) 大会実行委員長 多田 丈夫

◇演題:「東京五輪を契機として、学校教育に期待すること」
講師 前、東京都教育庁教育監・東京女子体育大学教授 出張 吉訓 先生

2 昼食会     12:00~12:50

会場 「東京ガーデンパレス」 3階 「白鳳の間」

3 閉会式    12:50~13:00

進行 大会実行委員 宇津木 順一

(1)主催者・開催県あいさつ 関東甲信越地区退職校長会連絡協議会会長
東京都退職校長会会長
多田 丈夫
(2)次回開催県あいさつ 神奈川県連合退職校長会会長齋藤 隆士 様
(3)閉会のことば 大会実行委員小久保 正己
*諸連絡 東京都退職校長会事務局長三辻 陽夫
会歌と会章
会歌
会歌の楽譜

作詞:塩見晴康様(江戸川支部)
作曲:宮下洋様(武蔵野・三鷹支部)

歌詞・楽譜の大きな画像はこちらから(PDF)

会章

会章制作:田中敬二様(練馬支部)

周囲のいちょう7枚はそれぞれ勤務していた校種をあらわし、金色の三つの輪は、本会の目標を現している。
本会の更なる発展を願って、輪が繋がらないようになっている。

トップへ戻る

ピックアップ

東京都退職校長会の会報誌

東京都退職校長会へのアクセス